TOP 店舗概要 健康豆知識 オススメ商品 管理人の戯言 Mail

     

 

 

 

皆さんの生活に一番係わり合いの深い薬といえば、 ビタミン剤ではないでしょうか?
手軽に自分の摂りたいビタミンが摂りたい分だけ摂れますからねぇ。
薬ほど効果は期待できませんが
ジュースにも入っているし、簡単にサプリメントでも摂れる。
いい時代になったもんだ(笑)

そのビタミンの話をしていきたいと思います。
皆さんはビタミンって何種類あるか知ってますか?
答えは 13 種類です。 これを知ってた人、結構すごいです^^
それでは次の段階。 13種類全て言えますか?

 1、ビタミンA
 2、ビタミンB1
 3、ビタミンB2
 4、ビタミンB6
 5、ビタミンB12
 6、ビタミンC
 7、ビタミンD
 8、ビタミンE
 9、ビタミンK
10、パントテン酸
11、葉酸
12、ビオチン
13、ナイアシン

以上の13種類です。
これを全部言えた人・・・・
すごい!!何者?(≧∇≦)あはは♪
この表を見てあれ?って思った人、前から疑問に思ってた人 、 色々いると思いますが
『何でビタミンって飛び飛びなん?』 って思いませんか?
ビタミンって発見・発表されたものから
アルファベット順に名前が付けられていったのですが
長年の研究でビタミンの様な作用を及ぼすがビタミンじゃないもの
《そばに含まれるルチン(昔はビタミンPと言ってました)など》 が除外され、
今の13種類になったからなんですよ。

その苦しい戦い(!?)に勝ち残った13種類のビタミン
大きく分けると 脂溶性ビタミン水溶性ビタミン の2種類に分けられます。
その名の通り脂に溶けるか水に溶けるかの違いです。
A D E K
脂溶性ビタミン
B1 B2 B6 B12 C パントテン酸 葉酸 ビオチン ナイアシン
水溶性ビタミンです。

まぁ、ビタミンってどんなもん?って聞かれれば こんなもんです(笑)