TOP 店舗概要 健康豆知識 オススメ商品 管理人の戯言 Mail

     

 

 

 

もう季節なんて関係ねぇ!!!!!
ホントこれになってる人は見てるだけでかわいそうでしょうがない><
THE★花粉症
鼻はムズムズ、目はクシュクシュ・・・

花粉症患者は今や、約2,000万人にのぼるそうです。
花粉症とは、「植物の花粉によって起こるアレルギー性の病気」。
遺伝的な体質、住環境、食生活など様々な要因が重なって起こるものだと
言われていますが、症状が風邪と似ているから、自覚のない人もいるんだそうです。

次の項目でチェックしてみてください♪

くしゃみが、10回前後続けて出る。1日中止まらないこともある。
(風邪の場合は、続いても3〜4回です)
透明でサラサラした鼻水が止まらず、花粉の飛散が終わるまで続く。
(風邪の場合は、粘っこい鼻水が出ます)
頑固な鼻づまりが長く続く。鼻がつまって夜も眠れないほど。
(風邪の場合は、数日で治ります)
花粉が目に入ると目をゴシゴシこすりたくなるほどのかゆみを感じる。
これが両目に見られ、白目の部分が充血したり、まぶたが腫れることもある。
(風邪の場合、目に症状が出ることはありません)

一つでも当てはまるものがあれば、花粉症の可能性が大!
花粉症になると、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみに悩まされるだけでなく、
集中力の低下・だるい・熱っぽい・倦怠感・イライラなども引き起こします。
本当にツラ〜いんです (ちなみに私は今のところ大丈夫です)

では花粉症対策ってどのようなことをすればよいのでしょう?
実は対策法は、花粉症にかかっている人も、まだかかっていないという人も同じなんです。

一番の基本は?

花粉情報を随時チェックして、晴れていて風の強い日などは、なるべく外出を控え
るようにしましょう。

外出するときは?

もし、外出する場合は、プロテクター付きの眼鏡やマスク、スカーフ、帽子などを
着用しましょう。また、着る洋服は、花粉が付きにくいスベスベした
素材のものにし、長い髪の毛は結びましょう。
もし自宅に車があるのであれば、車で出かけるのがベスト。
ただし、花粉の侵入を防ぐために、通風口は閉じるようにしましょう。
最近では、花粉対策用のフィルターが装備されている車も多いようですよ!
最後に、室内に入る前は、洋服や髪、持ち物などに付いた花粉を
よく払ってからにしましょう。

室内に居るときは?

室内にいる場合も、油断は禁物。まず、晴れていて風の強い日は、窓を開けないようにしましょう。そして、布団や洗濯物を外で干すことも控え、布団乾燥機などを活用するようにしてくださいね。
また、掃除はこまめにするようにして、部屋に入り込んだ花粉を除去しましょう。特に、床・ソファー・カーテンなどは、まず掃除機で花粉を吸い取り、仕上げにぬれ雑巾でふき取るなどして、徹底的に除去してください。空気清浄器を置いて、室内の空気をきれいにするのも効果的ですよ。
それから、じゅうたんはひかないようにしてください。じゅうたんは、室内に舞い込んできた花粉が付着しやすいだけでなく、花粉症を悪化させるカビやダニの温床にもなりやすいのです。

普段の生活で気をつけることは?

花粉症対策はこれだけではありません。実は、普段の生活習慣も大事なんです。例えば、疲れやストレスをためないように心がけましょう。疲労は自律神経を過敏にし、アレルギー反応を起こしやすくしますし、精神的なストレスは自律神経を刺激し、症状を悪化させます。十分に睡眠をとり、運動などを行って、ストレスや疲れを癒す努力も必要ですよ。
また、バランスの良い食生活を心がけることも大切。特にお酒や香辛料などの刺激物は、鼻の粘膜の毛細血管を広げ、鼻づまりをよりヒドクしてしまいますよ。
それから、普段から皮膚を鍛えることも必要ですよ。皮膚を鍛えると、抵抗力が強くなり、過敏な体質を改善することになるんです。ですから、冷水浴などを定期的に行ったり、顔を洗う時も冷たい水を使ったり、薄着を心がけたりする習慣を身につけましょう。
今はあんまり見ませんが、皮膚を鍛えるには乾布摩擦がいいらしいです^^

花粉症対策、流行ってある?

甜茶や緑茶、シソなど、毎年多くの民間療法が注目されますが、「アロマテラピー」なんかが流行ってたりします。
使い方はいろいろですが、例えばユーカリやペパーミントなどのアロマオイルを、マスクの中のガーゼに1滴たらしたり、お湯に2〜3滴たらして蒸気を吸い込んだりして使うと、鼻づまりがラクになります。
また、ストレスを軽減する作用や自律神経や免疫システム、ホルモン分泌のバランスを向上する作用のあるラベンダーもオススメ。お風呂に数滴たらして、蒸気を吸い込みながら、ゆっくり時間をかけて身体を温めてみてください。
対策4でも書きましたがストレスも立派な花粉症の原因の一つになります。アロマテラピーで心をリラックスさせてみては?

でもなってしまったものはしょうがない!
辛い症状を我慢した所で何の得もありません。
そういう時は薬に頼るしかないです^^
うちのお薦め商品はρ( ̄∇ ̄o) コレ♪