TOP 店舗概要 健康豆知識 オススメ商品 管理人の戯言 Mail

     

 

 

 

DHAって良く耳にすると思いますが
体にどのような効果があるのか知ってますか?
その辺をちょっとくすぐってみたいと思います。

まず、青魚などに多く含まれるというDHA
何の略か知ってますか?
「ばかにすんな〜!」とおっしゃる方もいると思いますが
『ドコサヘキサエン酸(DocosaHexaenoicAcid)』を略してDHAなのです。

それがどのような働きをして体に作用するのかというと・・・

こういう理屈です^^


多分みなさんが知っているDHAの効果って
『頭が良くなる』 っていうのが一番多いと思います。
DHAを取るとどういった経路で『頭が良くなる』ってところまで行き着くのかと言うと…

DHAによって細胞膜が柔らかくなる
      ↓
情報がスムーズに流れる
      ↓
情報が流れる道が増える
      ↓
脳内をスムーズに情報が行き交う
      ↓
頭の回転が良くなる

というわけなんです。
DHAは 脳の中のバイパスを作る刺激となっている わけですね。
ただ頭が良くなるってだけじゃなく
細胞膜が柔らかくなる ことなどにより
情報伝達がスムーズになることが要因で
うつ病などが改善される とも言われてます。
DHAってすごいっすねぇ〜♪

でもこれだけじゃないんです!
そもそもDHAは身体の細胞を構成するのに必要な物質。
脳だけじゃなく身体中の細胞膜を柔らかくすることがわかっているそうです。
それによって色んな効果を生み出してくれます。

 

 ・眼への効果

DHAで目が良くなる!』って聞いた事ないですか?
正確に言うと、ちょっと間違ってます。
視力が上がる=目が良くなるというのとはちょっと違うんですねぇ〜。
視力が良くなるというのは眼のピント合わせの能力が上がるということで
DHAは ピント合わせよりも、光の強弱を感じる段階で 重要な役割をしています。
DHAは明るさや色彩を判断する網膜に多く含まれています。
よって
暗い中などでもモノが見えやすくなったりする効果が期待できるのです。

 ・血流改善

DHAは血流改善にも一役かってます。
DHAは細胞膜を柔らかくすると最初のほうで書きましたが
な・なんと、 赤血球や血管も柔らかくします!
赤血球や血管に対して直接働きかけるんです。
それによって赤血球自体が柔らかくなるため細い血管でも変形して通りやすくなるんですね。
また血管壁も同様に柔らかくなるため赤血球の幅に合わせて血管が広がり
血液が流れやすくなります。
冷え性や夏バテ も血行不良が原因なので
それを 改善することができる と言われています。

 ・コレステロール値の低下

次は肝機能の事です。
コレステロール値が高くて困ってる人、結構いると思います。
『どうしてコレステロールが溜まっていくの?』とお悩みでしょう。
そのままほっておくと脳卒中や心筋梗塞になりかねないので
なるべく早く手を打つに越したことはないです。
コレステロールが溜まる原因は
やっぱり脂肪分の多い食事を摂るからです(あたりまえですね、笑)
脂肪を摂ってもそれを体が分解してくれればいい話なんですが
それ以上に摂ってしまうので血液の中にまで溜まっていってしまうんですね。
で、なぜ肝臓がコレステロールに関係あるのか?って事なんですが
肝臓は 中性脂肪を分解する 酵素を作り出す働きがあります。
DHAは肝臓の細胞も柔らかくするので、肝臓の働きを良くします。
それによって 中性脂肪分解酵素の生成が促進 され
中性脂肪が減少する! → 血中コレステロールが低下する♪
のです。

 ・生理痛改善

最後に女性の敵、生理痛を軽減してくれる話です。
生理痛の原因は、子宮の収縮をうながす『プロスタグランジン』
が出すぎていることが原因の一つだと言われています。
ということは・・・
そのプロスタグランジンの生成を抑えればいいんじゃん!
ってことですよね?
DHAはその プロスタグランジンの生成に必要な酵素の働きを抑える ため
プロスタグランジンが減り 生理痛が改善される と考えられています。
ほとんどの人は生理痛の時、我慢できなければ痛み止めの薬を飲みますよね?
その中の イブプロフェンアセチルサリチル酸 といった成分は
プロスタグランジンを抑えるために入っています。
効果の大小はありますがDHAも痛み止めの薬も同じ事をしようとしてるってことですね〜♪

以上のことが一般的に言われています。
DHAってすごい!って思いません?
これからちょっと気にして摂ってみようかな?って思ったでしょ?
『でも食事で摂っていくのはなかなかむずかしい・・・』
という人のためにカプセルになった製品も出てます。

ウチのオススメはコレ♪